FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフ治療器でカンジダが改善しました。



こんにちは、レインボーパパです。
今回の記事は、神経芽腫の再発防止目的で購入したライフ治療器の効果報告として、
私自身のいくつかの疾患が治癒するか、検証結果として、掲載したいと思います。

【ライフ治療器のセット方法と使い方をまとめておきます。】
http://sinkeigasyu.jp/blog-entry-42.html

上のリンクの記事でも記載しましたが、脊柱管狭窄症については、もうほとんど症状はでていません。
ほんとに素晴らしいと自分自身で体験しております。

次なる疾患は、カンジダにおける疾患です。

予め断っておきますが、このカンジダという疾患は性病ではありません。
どんな症状かといいますと、いろいろパターンがあるのですが、
菌が原因のものと、体調が優れないときに発生するものとがあります。

具体的な病気の内容は以下のリンクで確認してください。
【写真で見る男性の性器カンジダ症の具体的な症状】
https://medicalnote.jp/contents/151130-000017-UZZDDN

ちなみに、レインボーパパの場合は、
数年に一度、疲れているときや、ストレスがたまっているときに発生します。
今回は、娘のガンが発覚した件で、物凄く睡眠時間もへり、精神的負担も増加しました。
それが原因だと思います。

2年ほど前に、泌尿器科を受診し、陰部の皮(組織)を鉄の耳かきのような器具でカリカリとって、
激痛に耐えながら検査してもらった結果。
特にわるい菌はいないという診断でした。

このまま様子をみてくださいといわれました。


でもですよ。
数年に一度、凄く荒れて痛いのです。
そう、上述したサイトにサンプル写真で掲載されている状態よりも、ひどい状態で陰部がぼろぼろになって、
皮を剥ぎ取ったら血もでるし、小便後は痛いし、本当に憂鬱でした。



そんな、私がふと思ったのは、
「あ!私には奇跡のライフ治療器があるじゃないか?!」ということでした。

早速、疾患リストを調べたらでてきましたので、
以下の情報でセットして5日間就寝時に照射してみました。



・レインポーパパの場合(36歳男性)
セット疾患=以下は全部同じ周波数でした。
カンジダ 0.18、0.93、2.50、42.50、71.50、96.50、125.75、434.00、642.91、983.17
カンジダ症 0.18、0.93、2.50、42.50、71.50、96.50、125.75、434.00、642.91、983.17
カンジダ症、外陰膣 0.18、0.93、3.78、42.50、71.50、96.50、125.75、434.00、642.91、983.17

装着部位=腰部ベルト、両足バンド
装着バンド=赤(+)黒(-)
電圧=17V
モード=SWEEPモード&「RF(表示は□)」
照射期間=5日間連日
症状=90%改善


どうでしょうか。
素晴らしい結果でないですか?

数ヶ月も長引くこの陰部の荒れ状態が、僅か5日で90%も改善しています。
かゆくないし!
痛くなーい!!
これが普通という幸せか!!

カンジダは菌とカビのバランスがとても重要らしく、
どちらかのバランスがくずれると、皮膚組織が炎症を起こしてしまうようです。

ライフ治療器のおかげで、
菌とカビの双方に音波を照射し、異常細胞にだけ死滅してもらって、皮膚本来の治癒力が蘇り
あっというまに、炎症が抑えられたのだと思います。


いやー、ほんとに素晴らしいです。

ということで、今回の記事はこの辺にしておきます。

んで、次の試験は以下の疾患を試そうとおもっています。

・肥満気味なので、毒素をだして健康になりたい。
 デトックス(毒素抽出)0.20、0.14、0.33、0.42、0.44、0.55、0.52、0.76、0.78、1.86

・右手人指し指に小さないぼが最近できたので
 いぼ、0.16、0.35、17.50、37.50、210.50、476.50、527.00、665.34、789.00、987.23


今回の記事はこの辺で。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レインボーパパ

Author:レインボーパパ
当サイトは各ページへのコメントにて情報共有を御願いしております。
その中には、医学的情報や、代替治療情報など、様々な療法の観点からその効果や改善率などを共有する目的があります。
従って、コメントされる前に、ご自身と門外漢の治療法に対しての否定的コメントは、お控えください。
同じ病気で悩まれている患者やご家族の為、多角的で深みのある各治療情報を共有することに御協力ください。

インターネットには様々な情報がUPされております。その各治療において、自分自身の価値観で「これはインチキだろう」と
判断して、治ったかもしれない療法を疑い、実行せず命を落とすことほど、むごたらしいものはありません。
私たちが決して目を背けてはならないのは、医療であろうが民間治療であろうが、「寛解し10年経過した方が実在する」という事実に
目を背けてはならない。という事だと思っています。

例えていうならば、気功治療で癌を克服した方は、気功は信じますが、霊気治療や医療治療を信じません。
反対に、医療治療で癌を克服した方は、気功治療や霊気治療を信じません。
でもその判断は、自分自身の価値観です。この価値観は時にとても恐ろしい悲劇を招くことになりかねません。
私たち癌と戦う身にある人間は、自分自身の価値観を捨て、臨床結果という動かない事実に基づいた療法を選択し、
癌と戦う必要があるのではないでしょうか。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。