FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんの3大治療法

がんの3大治療法

がんの代表的な治療法は外科療法、放射線療法、化学療法の大きく三つに分けられます。
外科療法と放射線療法は局所療法であり、化学療法は全身療法です。
それぞれの特徴は次の通りです。


■化学療法

抗がん剤でがん細胞の増殖を抑え、死滅させる治療法です。
抗がん剤は注射や経口で血液中に入り、全身に運ばれて、がん細胞を攻撃します。

■外科療法

がん病巣を切り取って、根本的に治そうとする治療法です。
現在もがん治療の中心となっています。

■放射線治療

がん細胞に放射線を当てて、がん細胞のDNAを損傷させて、
がん細胞の増殖を抑えたり、殺傷したりします。



●高リスク群の神経芽腫の場合はこの3大治療を以下の目的で実施する場合はおおいです。

例:
発祥時:副腎原発 腫瘍SIZE 10cm x 5cm
    心臓裏部 転移腫瘍SIZE 5cm x 3cm
    鎖骨下 転移腫瘍SIZE 5cm x 3cm
    骨髄転移
    リンパ節転移


このような例の場合は、腫瘍が多き過ぎますので、はじめから外科療法はできません。
化学療法を試み、腫瘍を小さくしてから、外科療法に入ります。
そして、手術などで取りきれない部分に対して放射線治療を実施し、
ここまでが3大治療の1セットです。


各、治療においての詳細や影響は各カテゴリページをご参照ください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レインボーパパ

Author:レインボーパパ
当サイトは各ページへのコメントにて情報共有を御願いしております。
その中には、医学的情報や、代替治療情報など、様々な療法の観点からその効果や改善率などを共有する目的があります。
従って、コメントされる前に、ご自身と門外漢の治療法に対しての否定的コメントは、お控えください。
同じ病気で悩まれている患者やご家族の為、多角的で深みのある各治療情報を共有することに御協力ください。

インターネットには様々な情報がUPされております。その各治療において、自分自身の価値観で「これはインチキだろう」と
判断して、治ったかもしれない療法を疑い、実行せず命を落とすことほど、むごたらしいものはありません。
私たちが決して目を背けてはならないのは、医療であろうが民間治療であろうが、「寛解し10年経過した方が実在する」という事実に
目を背けてはならない。という事だと思っています。

例えていうならば、気功治療で癌を克服した方は、気功は信じますが、霊気治療や医療治療を信じません。
反対に、医療治療で癌を克服した方は、気功治療や霊気治療を信じません。
でもその判断は、自分自身の価値観です。この価値観は時にとても恐ろしい悲劇を招くことになりかねません。
私たち癌と戦う身にある人間は、自分自身の価値観を捨て、臨床結果という動かない事実に基づいた療法を選択し、
癌と戦う必要があるのではないでしょうか。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。