FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

光線免疫治療を発見したときは、ほんとに胸が躍った。

◆光線免疫治療についてはここ 副作用なし癌治療《光免疫療法》https://ameblo.jp/kimito39a/entry-12288100793.html◆早くて2017年年末に日本で治験開始??楽天社長就任。 副作用なし癌治療《光免疫療法》http://medit.tech/rakuten-chairman-mikitani-becomes-president-of-us-medical-venture-with-license-for-optical-immunotherapy/この光線免疫治療を発見したときは、ほんとに胸が躍った。仕組みとしては、がん細胞の周囲...

続きを読む

中川原 章先生と電話で話した分子標的治療について

◆神経芽腫の第一人者 中川原 章先生とは引用↓http://www.mugendai-web.jp/archives/4622中川原氏は今度は「TrkB」(トラックB)と呼ばれる遺伝子を発見する。神経芽腫を悪化に向かわせるTrkBの働きを阻害する新薬にも取り組んだ。中川原「我々の戦略は、がん細胞上のTrkB 受容体と結合し阻害する小さな分子を見つけることでした。正直、最初は300万個もの化合物から本当に目的とする阻害分子の候補が見つかるのか、半信半疑でした」...

続きを読む

補完代替療法とは、

◆補完代替療法とは、通常、がん治療の目的で行われている医療(手術や薬物療法〔抗がん剤治療〕、放射線治療など)を補ったり、その代わりに行う医療のことです。 健康食品やサプリメントがよく注目されますが、鍼・灸、マッサージ療法、運動療法、心理療法と心身療法なども含まれます。代替療法とはなにか?代替医療とは、現代西洋医学が切り捨ててきたすべての治療法を指します。代替医療には、以下のようにさまざまな治療法があ...

続きを読む

放射線治療の種類と方法

放射線治療の種類と方法引用↓http://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/radiotherapy/rt_03.htmlこんなに沢山の放射線治療がありますが、みなさんは納得されて放射線治療を実行されていますか?◆四次元ピンポイント照射治療で【「全身がんだらけ」の樹木希林 それでもなぜ元気】https://www.news-postseven.com/archives/20160223_387283.htmlこのような最新に治療器を利用して、癌組織以外の正常組織をほとんど、被爆させるこ...

続きを読む

外科手術の目的

◆外科手術の目的引用↓http://ganjoho.jp/child/cancer/neuroblastoma/print.htmlc 2015 国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター手術はその目的から、大きく2つに分けられます。1つは、神経芽腫の確定診断とその悪性度判定のために、腫瘍の一部を切除して調べる(生検)手術です。もう1つは腫瘍を肉眼的に全部切除する(腫瘍全摘出)手術です。開腹あるいは開胸腫瘍摘出腹壁や胸壁を大きく切開して広げ、術野を目で...

続きを読む

神経芽腫 化学療法

神経芽腫 化学療法ここには、抗がん剤をしようした化学療法の記事を紹介しますが、例えば副作用がない、あるいは少ないなどの画期的な抗がん剤の情報などあれば、是非コメント欄に記載を御願い致します。高リスク腫瘍 抗がん剤治療(化学療法)http://ganjoho.jp/child/cancer/neuroblastoma/treatment.htmlc 2015 国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センターがんの手術と生存率。抗がん剤のメリットとデメリット。...

続きを読む

がんの3大治療法

がんの3大治療法がんの代表的な治療法は外科療法、放射線療法、化学療法の大きく三つに分けられます。外科療法と放射線療法は局所療法であり、化学療法は全身療法です。それぞれの特徴は次の通りです。■化学療法抗がん剤でがん細胞の増殖を抑え、死滅させる治療法です。抗がん剤は注射や経口で血液中に入り、全身に運ばれて、がん細胞を攻撃します。■外科療法がん病巣を切り取って、根本的に治そうとする治療法です。現在もがん治...

続きを読む

神経芽細胞腫(しんけいがさいぼうしゅ、neuroblastoma)

神経芽腫は小児癌の一つですが、ウィキペディアには以下のように記載があります。神経芽細胞腫神経芽細胞腫(しんけいがさいぼうしゅ、neuroblastoma)は、小児がんの組織型の一種。現在は神経芽腫と呼ばれる。小児がんにおいては白血病についで患者数が多い。神経堤細胞に由来する悪性腫瘍で、主に副腎髄質や交感神経幹から発生する。副腎から発生する腫瘤として発見される。転移先として肝臓、骨、骨髄が多い。乳幼児に多く発見...

続きを読む

小児癌とは

小児がんとは引用【c 2015 国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター】http://ganjoho.jp/child/dia_tre/about_childhood/about_childhood.html【小児がんとは】小児がんは、小児がかかるさまざまながんの総称です。主な小児がんは、白血病、脳腫瘍、神経芽腫(しんけいがしゅ)、リンパ腫、腎腫瘍(腎芽腫(じんがしゅ)、ウィルムス腫瘍)などです。血液のがんである白血病やリンパ腫を除き、大人ではまれなものばか...

続きを読む

プロフィール

レインボーパパ

Author:レインボーパパ
当サイトは各ページへのコメントにて情報共有を御願いしております。
その中には、医学的情報や、代替治療情報など、様々な療法の観点からその効果や改善率などを共有する目的があります。
従って、コメントされる前に、ご自身と門外漢の治療法に対しての否定的コメントは、お控えください。
同じ病気で悩まれている患者やご家族の為、多角的で深みのある各治療情報を共有することに御協力ください。

インターネットには様々な情報がUPされております。その各治療において、自分自身の価値観で「これはインチキだろう」と
判断して、治ったかもしれない療法を疑い、実行せず命を落とすことほど、むごたらしいものはありません。
私たちが決して目を背けてはならないのは、医療であろうが民間治療であろうが、「寛解し10年経過した方が実在する」という事実に
目を背けてはならない。という事だと思っています。

例えていうならば、気功治療で癌を克服した方は、気功は信じますが、霊気治療や医療治療を信じません。
反対に、医療治療で癌を克服した方は、気功治療や霊気治療を信じません。
でもその判断は、自分自身の価値観です。この価値観は時にとても恐ろしい悲劇を招くことになりかねません。
私たち癌と戦う身にある人間は、自分自身の価値観を捨て、臨床結果という動かない事実に基づいた療法を選択し、
癌と戦う必要があるのではないでしょうか。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。